・select page to...・
[about] [works] [EVENTs] | [Elfish Co.]
通信販売受付中/●「フォーチュン・ツリーをさがして(1)(2)」紹介/通販開始しました!
(よろしければひとこと)
 お返事ボード

2008年08月17日

なんとか

20部ほど作りました。よ。
少し寝ます。寝られるかなあ(´д`)
hyoushi0817+.jpg

夏暫定号になります。あと一週間かけて夏ティアまでには夏号としてみたい。しなきゃ駄目な気がする。……Zzz
posted by KaTO at 03:34| Comment(0) | 日記

2008年08月09日

iPhone買いました(`・ω・´)

iPhone.jpg

ちまたで話題のiPhone。
買いました! つーかついにsoftbankユーザーですか(´・ω・`)。
初の携帯でもあります(今までずっとPHS…)。

壁紙は、描き途中の遥佳嬢にしてみたりして。
safariのブックマークやら、メールアカウントやらiTunesのデータやら同期を取ると、まさにこの大きさにして自分ネット環境が持ちはこべちゃうZE! て感じですか。
まあ実用足りうるかはこれから使って見極めなきゃいけません。


posted by KaTO at 16:46| Comment(0) | 日記

2008年08月03日

EVENTsページ更新(´д`)

これまたもの凄く久しぶりになってしまいましたが…
イベントページを更新しました。夏コミ&夏ティアですね。

もう全然「売れない教本舗」みたいな状況でモチベーションは激烈低下中な訳ですが!(゚∀゚) このまま畳んじゃうのは収まりが悪いですし、今まで支えてくれてはる方々にも悪いので……(´・ω・`)。

で近況ですが、最近は更新もせず何をやってたかというと:
moko1_174-.jpg

「プラモのモ子ちゃん」。って知ってますか(・ω・)
2月末くらいからちまちま作っててようやくカタチになってこれ売れるんじゃね!(゚∀゚) とか、妄想膨らませて模型イベントデビューの準備を(を。

とまあ、別ブログで立体をいじりまくってたのが実態ですた。すみません_| ̄|○
とりあえず「フォーチュンツリーをさがして」を結末すべく頑張ってる最中デス…。
posted by KaTO at 11:07| Comment(0) | 日記

2008年06月25日

またしても超久しぶり(´・ω・`)

いやはや。
夏コミうかってました。というか「うかってしまった」という感じか!?(´д`;;)

がんばります。

ティアもオンライン申込みが今日の13:00までだったので、急造カットで申込み…。

tia85.jpg

浴衣のつもりなんだけど(´・ω・`)。色も模様もないと何がなんだか!(゚∀゚)

…がんばります(そればっかやな)。

posted by KaTO at 08:16| Comment(0) | 日記

2008年05月08日

コミティア84

うーん。

tia84start.jpg

こんな感じでスタートして、既刊以外はほとんど山に変化なく終了しました。

_| ̄|○

既刊は……創作だから「旬」のあるなしは関係ないと思うのですが、どうにもこうにも売れないづくし(´д`)。困ったものだ……。


これは描かせてもらったスケブの一枚。
tia84skb.jpg

コピー取りたかったんですが手近なトコが列出来てたのでやむなく携帯のデジカメ撮影…。
仕上げてみようかなと思いつつ。
posted by KaTO at 00:51| Comment(0) | 日記

2008年05月05日

コミティア84終了

先刻帰り着きました。参加された皆様、お疲れさまでございます。
うちのスペースにお越し下さった方々、どうもありがとうございます。
二月来、ブログも放置状態に陥って動向を知らせることもないままでしたが…。
こういうのを日頃の行いが悪いというのでしょうか(´д`)。用意した新刊はほぼ予想通りのはけ方でしたが、既刊はもうどうしようもないですね_| ̄|○。

あとでもう少し整理して書きまする。まずは、お疲れさまでした。
posted by KaTO at 22:01| Comment(0) | 日記

できたぁ(´д`;)

なんとか50部つくりおわりました…。このまま朽ち果てそう(を

sos6-fc.jpg

午後から雨だそうですから、売れ残り度大幅アップ(ノ∀`)アチャー
sos6-04-.jpg

これは挿絵二枚目。印刷したら真っ黒になってもっとおおどろおどろしい生物になっている…(´д`)。

そんなこんなですがよろしくお願いします。

#追記
なんか、日記追加してもブログ更新されてないっぽい(5/5朝)。おかしいなあ。
さくらのブログ、5/2あたりにイカれてから、復旧したという話にはなってるんだけど、なんかまだおかしい感じかな。
posted by KaTO at 06:42| Comment(0) | 日記

2008年05月04日

ひさびさ

ひさびさです…。

明日コミティアなのでそれに向けた準備中。
sos6-03.jpg

結局ギリギリでドタバタしつづける。変わりませんね(´・ω・`)。
また追って連絡します(?)
posted by KaTO at 14:18| Comment(0) | 日記

2008年02月10日

コミティア83も終わりましたが

参加された方、お疲れさまです。

自分としましては、今回も正直いまひとつぱっとしないイベントでございました…。
身体の問題もありますし、一人参加だったこともありますし、あと毎度のことになっていますが既刊の売れ方も寂しいものですし(´・ω・`)。

なにはともあれ、次は5月に参加できればいいなあと思います。
そろそろイベント引退かなあ、という思いも過ぎった今回。ちょと気弱になっているような。
年四回参加が非効率なんだろうか、とか思い始めちゃうんですよね。
参加費やら搬送費やらを計算してゆくと、なんか、あんまり意味がない! とか
「いや何言ってんのよそんなの当たり前じゃない」って感じではあったんですけど…。三ヶ月に一回、がけっこうキツいのかなあ。とか…

     %      %     %

今回「冬号」が出せませんで、すみません。表紙はでっちあげたものの肝心の本文がついに刊行に追い着かなくなった('A`)。

表紙は、こういう絵になりました。
sos6-01.jpg

なにやら三四郎があやしいのですが…この作品の場合、三四郎は「あやしい」で正解なので。

いい感じにまとまったかな? と思ったのですが文字を入れると
sos6-02.jpg

文字で隠れてよく分かんね(ノ∀`)アチャー

まあ…工夫する余裕がなかったので、もうひと工夫したいと思うんですけどね…

     %     %     %

話は全然違うんですが、木曜日20:00からNHKでやってる「鞍馬天狗」はけっこう面白いと思うんですけど。エンタティメントに特化した神出鬼没ぶりとか、鞍馬天狗だけ刀がライトサーベルみたく残光を残してたりとか。
近藤勇役の緒方直人もいつのまにかこんながっしりと骨太の演技できるよーになってたんやなーとか感心。いや自分の印象だと、大河ドラマのイマイチ貧弱な信長のイメージしかなかったから…(旧いよそれ)。

なんで思い出したかというと、鞍馬天狗でも烏の羽根が出てきて、今回描き入れる時の参考になりました(を。

posted by KaTO at 17:21| Comment(0) | 日記

とりあえず(´・ω・`)

力尽きましたが朝起きて時間取れたら
この絵使って次回表紙のでっち上げポスターくらいはつくろうかなあとか思ったり思わなかったり_| ̄|○

title06.jpg

うーん薬飲んでるせいか尋常ではない眠さが襲ってきています。
それでいてすぐに寝付けないような感覚……。

posted by KaTO at 00:19| Comment(0) | 日記

なんとか…

test2.jpg

29部作れました。
昨年秋はこの裏表紙がまっしろしろな絵で粗相しましたがなんとか彩色。
あと挿絵も入れた…けどまだ旧い版だったり。
本文は冬コミ用に出力してた時に途中でプリンタいかれたやつを残しておいたので
こんな中途な部数だったりします。

相変わらずのグダグダで申し訳ないのですがこんなものでもよかったら。
(´・ω・`)

寝ます。そしてたぶん早朝覚醒。

posted by KaTO at 00:12| Comment(0) | 日記

2008年02月09日

とりあえず…

なんとか彩色したものの時間切れ?
いやこの彩色自体、また手抜きだなあ……('A`)

test.jpg

これで裏表紙刷って、製本して力尽きる予定です。
というか既に厳しい。ムリしちゃいけないムリしちゃいけない。…
posted by KaTO at 22:51| Comment(0) | 日記

2008年01月16日

表紙案2

コミティア83のカットでは別の角度からの絵だったのですが。
こんな感じにしてみようかと思います(´・ω・)。

sos6-00.jpg

なんでこんなシチュエーション? って感じですがそれは本文だ!ヽ(`Д´)ノ
まだできてないんですけど(を。


posted by KaTO at 08:16| Comment(0) | 日記

2008年01月08日

描き直し

静香&パンドラの絵、描き直ししました。
pandora3.jpg

それにしても最近、時間が足りないと感じることが多くなりました。22時前に帰って来てるんだから、もう少し何かできてもいいハズ、と思うんだけど。
つらいなあ。なんとかしたいなあ。


posted by KaTO at 08:20| Comment(0) | 日記

2008年01月02日

紅白見てなかったんだけど

http://www.nicovideo.jp/watch/sm1916749

Gacktの上杉謙信に扮したパフォーマンスはこのニコ動画見た限り、随分気合い入ってるように見える。録画しときゃよかった(´・ω・`)。

去年の大河ドラマ「風林火山」は、久々に通しで録画しながら咀嚼して見た。戦闘シーンは正直ショボいなあと思ってたんだけど(「徳川三代」の関ヶ原シーンが大河ドラマだと一番いい出来だと思ってる>戦闘シーン)、駆け引き部分は楽しめた。キャラも皆立ってたし生きてたなあって思う。

で。Gacktの上杉謙信はハマリ役だなあと思ってた。ちょっとクドい気もするけどまあ、雰囲気というか自分の中のイメージと重なったというか。
ちょと違うかな。これくらいストイックで嘆美な謙信であってもいい、という感じか。

     %     %     %

部屋の掃除はようやく半分過ぎた感じかな。居室のゴミはあらかた捨てた。絵や文章用の机と、模型用の机(PC用デスクをそのまま模型用に。ディスプレイラックにスプレーブースを仕込んだ状態で)とを結ぶ動線がようやく確保できました。

…去年は、その動線が確保できてなくて(床が見えない)。
何が困ってたかというと、椅子の移動ができないもんだから、模型塗る時には中腰でやってたんですよね。ジョギングで足腰作ってなかったらとても作業できんかった(を。

それでも長時間作業には限界がありまくりだったので。
動線が確保できれば、切削作業も塗装ブースでやれるからリューターの配置もスッキリできる。削るゴミも同人スペースと切り離せる。

当初、この部屋のレイアウト決めた時にはそのつもりだったんだけど。やっぱりPCがあるそばで作業することが多いのでした。次はやっぱり模型専用部屋を確保すべきだな…。
posted by KaTO at 22:24| Comment(0) | 日記

2008年01月01日

喪中でございます

ただ迎春、ということで。

2008年を迎えてしまいました。今年も独りです。
仕事場でないことだけ、数年前よりはマシかもしれません……。

コミケの総括は、ええと。総括するまでもなくショボい内容になってしまいました。
ショボくしてしまったのは自分のせいなので、なおさらに自分に腹立たしい。
年の瀬も年の瀬に有明までお越しになって、しかもウチのスペースまで来てくださった方々に深謝。そして応えることができず申し訳ありません。
こんなことを繰り返しているから買って下さる方々に拡がりが出ないのだろうな。
_| ̄|○スミマセン

ただ、お一人かお二人だったと思うんですけど、
以前のイベントで一巻目だけ買われていて、今回残り全部買って下さった方とかいらしてくださって、そういうのはとてもうれしかったです。

その時出歩いてまして、後からそのお話を聞いたのですが(´・ω・`)。

それとフルスペックのメイドさんに買っていただいたのも記憶に残る出来事でございました。
自分は、メイドという職業や作法に精通している人間ではないので、本当にお好きな方からしますと描くものも書くものも物足りないんじゃないかと思ってしまうのですけど。
今度のコミティアでメイドさんエリアを回ってみるか…

なにはともあれ、プリンタ修理に備えて部屋の掃除です。
あまりに汚くて人様入れるにはどうにも問題ががが。

そんなこんなで今年もよろしくお願いします。
posted by KaTO at 08:47| Comment(0) | 日記

2007年12月30日

彼女の名はパンドラ

という訳で新刊向けに描いてたものとかちょっと。
いや実際のとこ、ほんとにチョトしか描けてないのですが…。
pandora2.jpg

冬の夕方の、柔らかく輪郭を翳ませる光の中で。鹿島静香と―パンドラ。雅から投げかけられた言葉が神話の娘と彼女とを重ね合わせてみせる。

パンドラというのは、神話においては「開けてはいけない筺」を開けてしまったということで、些末な興味から禍を招く愚かしさを象徴するような印象があったりもしたのですよ。少なくとも自分の中では。
だけど調べていて、その名前が「全てを与えられた」であること等知って、「彼女はその自負に基づいて進んでその筺を開いたのではないか」という気がしてきた訳で。
そのイメージはまさに鹿島静香に重なるのでした。彼女は、躊躇うくらいならば、むしろ進んでそれを開いただろう、と。でもってたぶん、「別の誰かに開かせた」だろうと(を。

そんなことを思いながら描いてみた挿絵。
posted by KaTO at 23:53| Comment(0) | 日記

紙は我が怠惰に罰を与えたまう('A`)

とりあえず見本誌は、夏コミでは売ってない季刊を提出するとして(かろうじて在庫があった…秋のは残ってないのですが)。

まさに「紙」から罰を与えられました(゚∀゚)。ジャムるという。
このプリンタ、導入したのが2006年の10月で、年に四回、まだ五回程度しかガンガン使ってない(とはいえ使う時には1,000ページ以上とか刷るんですけど)。
それなのにこんな不具合が出るかなーという不満はあります。

最近のカラーレーザーは安くなった。その代わり保守部品や保守費用で稼ごうとしている。というのをどこかで聞いたような気がしますが、まさにその罠に陥るか('A`)。

しかし、それは織り込み済みでなきゃいかんのですよね。反省です。
とりあえず今回は修理来てもらうしかなさそうで、その後、サポート契約を結ぶ。これが自分の機種の場合、年間二万ちょっと。デカイなヲイ。でも仕方がないか…。

それと、今回のように、そもそもイベント前日に装置故障が発生したら、どんな保守契約結んでたってどうにもなんない訳だから。せめて一週間前の休日に、出力はあらかた済ませておく、くらいの計画性も必要な訳で…。

今までついムリを利かせてなんとかカタチにできるようになっちゃってたもんだから、このへんユルくなっちゃってました。

悔しいですが、この悔しさを忘れないようにしたいと思います…。

気分さんざんな年末年始になってしまった。はあ。

posted by KaTO at 22:51| Comment(2) | 日記

大変申し訳ないです

長らく更新しないでいて、申し訳ないのですが…。


プリンタがイカれました。OKIめ、一年ちょっとでこのザマか…_| ̄|○
使い方、そんなに酷使という頻度ではなかったと思うんだけど。

なんど紙を取り除いてもジャムる現象が解消されず、サポート呼ぶしかなさそうな事態です。出張費用も取られるし高いんだよなあ。壊れる時はこんなものだからやっぱしサポート契約結んでおかないとダメか。反省。

ということで、新刊もオダブツです。大ショックなんだけど…。
ありあわせでなんとか見本誌は用意するしかないか。

二月向けとしては、来月修理呼んで、それでどうなるかという感じですなあ。

もともと計画的な刊行ができないのが問題なんだろうけど、この仕打ちは正直悲しすぎます。(´・ω・`)


posted by KaTO at 21:14| Comment(0) | 日記

2007年11月19日

コミティア終わって

お越しくださった皆様ありがとうございます。

今回の新刊は、買って下さった方は「サギだ!( ゚д゚)」と思われちゃうかもしれません……。ウラ表紙あたり。「小説百景3-0」で載せた真っ白絵そのままになっちまいました。すみませんすみません(´・ω・`;)

冬コミ時には4コマも付けてなんとか秋……というか冬コミ特別号という感じで再販をしたい所でございます。

あと、バックナンバーをご所望の方は、メールでシンプルに「次のコミティア(orコミケ)で●号〜●号が欲しいです」等書いていただければオンデマンドで用意しますので。


でもメールしづらい、というのもあるかもしれないので、これこそフォームで処理したらよいかもしれませんね(´д`)。
連絡先住所とか本名とか、会場手渡しなら不要ですのでお気軽に。
(受け取りに来てくれないとせつないですが……(´・ω・`))

まあねー。会場でも声かけづらい中年オヤジになりつつあるので(既になっている)引いちゃうかもしれないですけど。(´・ω・`)

若い人置いておけるんなら、置いておきたい気すらするこのごろ。
カッコイイ老け方をしたいです。

ちなみに15部しか用意できなかった秋号は、開場から30分ほどでなくなってしまいますた。普段から来て下さる方にも回すことができずすみません。というか、買ってくれた人にも申し訳ないし(出来の問題から)、いろんな意味できちんと出来ないとせつないなあと思いました。改めて。

今回、勢いだけで各挿絵ラフすらなかったのですが、入れたかったのは↓こんな感じ。
pandra0.jpg

p.27あたりに。
『 それに今の静香は雅の言葉を必要としていない。ある意味満たされているのだから。

 パンドラとは最初の人間の女性。その名の意味は「すべてを与えられた」であるという。
 不本意な穢れに苛まれた歌織が憎悪し嫉妬した対象、そのままではないか。』

……というくだりがあって、こんな絵を入れればいいかなーと思っておりました。
ひどく雑な絵なんで恐縮ですが仕上げます(´・ω・`)


posted by KaTO at 22:44| Comment(0) | 日記
(c)加藤 寿生、KaTO since 2005
.